腸内フローラってなに

最近、健康関連の記事やネット上のサイトでは、よく「腸内フローラ」って言葉をよく目にするのではないでしょうか?漠然と「健康や美容に関連している事柄ではないか?」とは見当が付きますが、その実、詳しく知っている方はそんなに多くはないのではないでしょうか。

 

腸内フローラは、健康な身体や健康づくりにおいて、とても大切になる事と同時に、ダイエットや美容の世界においても富に注目を集めている事柄でもあるのです。たとえば、テレビCMや広告などで「腸内環境の悪化は病気を誘発する!」や「美しさは健やかな腸内環境から…」といったような台詞や謳い文句って聞いたことがあるのではないですか?そうなんです!この腸内環境を正常に保つためにひと役買っているのが、この腸内フローラなんです。

 

腸内フローラは「腸内細菌」の集まり

 

私たち人間の腸内には、数百種600兆個以上のいろいろな細菌が生息しており、これら細菌の集まりが腸内環境を正常に保つ働きを担っているのです。そして、各種の細菌は、各々に固まって群生するかたちで腸内の壁面に生息しているのです。

 

そこでこれらの細菌の集まりを顕微鏡でのぞいてみると、まるでお花=flora(フローラ)が群生しているように見えることから「腸内フローラ」と呼称されているのです。つまり、腸内フローラとは、腸内に生息している細菌の集まりということなのです。

 

腸内フローラの働きについて

 

腸内フローラとしての細菌の群生については、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割といった割合が腸内環境を理想的な状態に保つバランスと言われているようです。

 

善玉菌は、悪玉菌の侵入や増殖を防ぐとともに、有害物質を体外に排出したり、衰えた細胞を活性化する働きをします。一方、悪玉菌は、腸内の中を腐らせる、また有害な物質を作るとても怖い細菌なんです。

 

そして日和見菌は、善玉でも悪玉でもない、いわば中立的立場にある細菌と言ってよいのです。が、体調のバランスが崩れた時には、悪玉菌として働く細菌となってしまいます。そのことから言えば、人間は本質的に腸内にたくさんの悪玉菌を常に抱えていると言ってよいかもしれません。そして、日和見菌が悪玉菌へと変質させないことが、腸内環境を常に正常に保つために必要なことになると言ってもよいのです。

 

以上のことから、腸内環境においては、善玉菌の存在がとても重要になると言ってよく、腸内フローラの理想的な働きとしては、常に腸内で善玉菌が優勢な状態に保たれていることとなります。そして、一度でも腸内フローラが異常になってしまうと、悪玉菌が優勢のとなってしまう腸内環境となって、腸内で有害物質が増えてしまい、その事によって病気を誘発してしまう可能性もあると言うことなのです。